2010.08.09

ベルギーでのお話


ベルギーから帰り気温の変化にも慣れ(ベルギーは20度)新しい料理のイメージも次々に浮かんでいます。
不思議なもので一週間でも日本を離れただけで脳が動くものなんですね。

バストーニュ(友人ベルトレ氏のレストランのある街)はルクセンブルクに近い小さな街ですが
レストランは毎日400〜600人のお客様が訪れ食文物の高さを感じました。
179.JPG  176.JPG

ベルトレファミリーはアルノー氏で3代目、弟のグレゴリーはサービス、お父様お母様も毎日レストランが忙しいので働いています
ベルギー人の勤勉さには驚かされます。
料理はビストロとはいえジョルジュブラン、ニューヨークのダニエルなど数々の名店で働いたアルノー氏のこと
今まで食べたビストロの中で一番おいしかったです
195.JPG     197.JPG

でも毎日昼夜とレストランで食べさせていただき最後の日は特別にキッチンでシェフズテーブルまで作っていただき
料理の量がベルギー人サイズでとても多く食後は超満腹で苦しかったです(笑)
一緒に行った娘は前菜一品で十分でした・・・。
198.JPG  203.JPG

つづく。


posted by 伊東淳一 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。