2010.09.28

フランスへ


ベルギーバストーニュで3泊しフランスディジョンに向かいました。
ルクセンブルクまではアルノーの奥さんが朝5時半出発で送ってくれました。
彼女はルクセンブルクで金融関係の仕事をしているため、朝早くオフィスに行くそうです。

メッツ経由でディジョンに着いたのは11時すぎ。
すぐエルルカン家に向かいました。
ディジョンは私にとって第二の故郷、エルルカン夫妻は両親です。
1988年、最初にお会いしてからもう22年、お父さんのアンリは81歳。
老人ホームに入っています。
今は歩行も出来ず車椅子とベッドです。
お母さんのマリーアリスは元気で毎日アパルトマンとホームを往復しています。
彼らにはディボーという息子がいましたが、18歳の時に亡くなりました。
私が今、彼のかわりです。

人の縁とは不思議なものです。
偶然異国の地で出会い、言葉が違う中、心が通じ合い、
そして自らのレストランにその名を冠し、今なおこうして続く関係。
私の心の中にはいつも彼らがいます。


posted by 伊東淳一 at 13:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010.08.09

ベルギーでのお話


ベルギーから帰り気温の変化にも慣れ(ベルギーは20度)新しい料理のイメージも次々に浮かんでいます。
不思議なもので一週間でも日本を離れただけで脳が動くものなんですね。

バストーニュ(友人ベルトレ氏のレストランのある街)はルクセンブルクに近い小さな街ですが
レストランは毎日400〜600人のお客様が訪れ食文物の高さを感じました。
179.JPG  176.JPG

ベルトレファミリーはアルノー氏で3代目、弟のグレゴリーはサービス、お父様お母様も毎日レストランが忙しいので働いています
ベルギー人の勤勉さには驚かされます。
料理はビストロとはいえジョルジュブラン、ニューヨークのダニエルなど数々の名店で働いたアルノー氏のこと
今まで食べたビストロの中で一番おいしかったです
195.JPG     197.JPG

でも毎日昼夜とレストランで食べさせていただき最後の日は特別にキッチンでシェフズテーブルまで作っていただき
料理の量がベルギー人サイズでとても多く食後は超満腹で苦しかったです(笑)
一緒に行った娘は前菜一品で十分でした・・・。
198.JPG  203.JPG

つづく。
posted by 伊東淳一 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010.07.19

明日から・・


梅雨もあけ奥湯河原にも夏の陽射しが降り注いでいます。
明日からアンリエルルカンは夏休み!

私は20年ぶりにベルギーに行き、以前東京の本店で研修をしていたアルノー・ベルトレのバストーニュへ向かいます。
その後、フランスディジョンのエルルカン家に数日滞在し来週の月曜日に帰国します。
久しぶりのヨーロッパ、ゆっくりしてきます・・・

帰国後、part4とヨーロッパでの最新ニュースをお伝えします!
posted by 伊東淳一 at 04:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。